毎日カラダに取り込むのは空気です。<br>もっと知って欲しい「換気の大切さ」

私たちの造る家は、年中通して快適、なおかつ省エネルギーの家。それは高い断熱性・機密性により実現できます。お施主様も「断熱・気密」の大切さを十分にご存じで、深く勉強されている方が多く、知識の多さに驚かされることもよくあります。
でもちょっと待って、もうひとつ気にして欲しいことがあります。

それは「部屋の空気」、いわゆる換気です。

家の気密が高くなるということは、平たく言えば密閉状態に近づくということです。外気の影響を受けないので、部屋の温度も一定になり快適さが保たれます。
でも、そこに人が住むとどうなるのでしょう。

人間は汗をかきます。息もします。料理も作ります。お茶も飲みますね。咳をしてウィルスが広がるかも。換気をしないと水分や色んな臭いで部屋はいっぱいになります。

「換気」はいつも室内にきれいな空気を取り込み、汚れた空気を排出することで健康に快適に暮らすためのかかせないものなのです。

換気にはいくつか種類がありますが、私たちが主に取り入れているのは「パッシブ換気」と いう方法です。「パッシブ換気」とは、機械に頼らずに空気の流れで家中を換気する方法で、 空気は冷たいと重く、暖かいと軽くなり上に行きます。その性質を利用しているのです。

暖かい空気は家中をくまなく巡りながら、ハウスダストや湿気、臭いとともに天井から排気 されます。この換気システムは、省エネで安全、メンテナンスが基本的に不要。スイッチな どもなく手間いらずで 24 時間自然に換気し続けてくれるので、知らないうちにキレイにし てくれるわけです。
詳しくは http://pv-system.jp/index.html

私たちは性能の良い家を造るだけでなく、その中の空気にも責任があると考えています。 快適な生活は、高断熱・高気密の外側だけでなく毎日カラダに吸い込むキレイな空気のがあっ てこそ成り立つのです。