15年目のヘアーサロンをデザインリフォーム

札幌大谷地のヘアーサロンは15年目を向かえ、設備やインテリアにちょっと古さを感じ始めていました。
そこで大きくリニューアルリフォームをすることを決意。
若いスタッフの意見も積極的に取り入れながら、アルクム計画工房で設計。
セット台・シャンプー台・セット椅子等の入れ替えは、メーカのタカラに提案して貰いました。
結果はご覧の通り、焦げ茶をベースにシックで高級感が漂うヘアーサロンに変身。
お客様の反応もとてもよく、新たな客層も増えてきています。

設計:アルクム計画工房
施工:拓友建設株式会社

ちょっと古さを感じ始めた外観。
明るくイメージチェンジした外観。
南面の窓からの日射がまぶしいとの事で、窓面にアルミのパンチングメタルを加工して日除けを施工。
外壁はサイデイングに塗装だったのをガルバリューム鋼板にリフォームし、入口ドアも造り直しました。



イスなどの設備も10年を過ぎると、一昔前のデザインのイメージに。

焦げ茶をベースにインテリアも一新!全体的に高級感が漂います。



たっぷりと収納できる使い慣れた家具は、塗り替えて再利用。

左にある家具が塗り替えた同じモノ。まるで新しく造作したかのような収まり具合です。




以前はこのような待合室がありました。

以前の待合室は取り除き、その場所は女性のためのシャンプースペースにしました。



ゆったり落ち着いた印象の店内全景。 新しく設けた待合室は、木のカウンターにしてカフェの雰囲気に。